YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ

YEBISU STYLE

online

超初心者向け、アーバンファーミングの始め方。

面白そう!やってみたい!と思った時が始めどき。でもどうやって?アーバンファーマーズクラブの立ち上げメンバーのひとりでもある「ゆい農園」の油井敬史さんに、超初心者的な質問をぶつけてみました。

Q1 アーバンファーミングに必要な道具は? 適した場所は?

プランターと土と種があればOK。環境に合う作物を選べば育ちます。

必要な道具はプランターと土、そして種か苗。これさえあれば、すぐに始められます。そして植える場所は、実はあまり関係ないんです。日当たりのいい場所には、太陽が好きな作物を、悪い場所には日陰が好きな作物を植えればいい。つまり、どんな場所でもその環境に適したものを植えれば育ちます。ちなみに、トマトやキュウリ、ナスなどの夏野菜は太陽が大好きなので、日当たりのいいベランダなどは最適です。

Q2 初心者におすすめの作物は?

夏は育てがいのあるズッキーニ。季節に適したものを選ぶのが大原則。

夏ならトマト、ナス、ピーマンなどはポピュラーですが、もうひとつ、僕がおすすめしたいのはズッキーニ。他の作物に比べて比較的反応が返って来やすく、やり甲斐が感じられる野菜です。レタスや水菜などの葉物野菜も育てやすいですが、強い直射日光が当たると日焼けしてしまうので、夏場は日陰をつくるなど多少のテクニックが必要です。大事なのは、夏は夏野菜、冬は冬野菜と、季節に適したものを選ぶことです。

Q3 トマトの苗を植えたのですが、育ちません。何か間違っているのでしょうか?

水やりの頻度はひかえめに。土の水はけや通気性も大事です。

南米・アンデス原産のトマトは過酷な環境で育ってきた野菜です。なので、水のやりすぎは禁物。水やりの頻度を控えてみてください。もうひとつ考えられる要因は根が育っていないこと。粒子の細かい土に植えると土が固まって根が詰まってしまうことがあります。現在出ている葉の範囲より一回り大きな円を描き(この円内に根が張っている)、その外側の土を棒などでほぐして空気を入れてみてください。苗そのものが育ちにくい場合もあります。めげずに別の苗を植え替えるなどしてみましょう。農業はトライ&エラーの連続。1度の失敗であきらめないで。

Q4 虫や鳥への対処の仕方を教えてください。

鳥はネットで対策を。健康な植物には虫もつきにくい。

鳥に関してはネットをかけるなど物理的な対策で解決することができます。虫については、物理的に防ぐのは難しい。自然栽培を行っている僕の立場から言えるのは、健康な植物に虫はつきにくいということ。弱っている場所に虫がつくのです。植物を健康に育ててあげることに尽きます。

Q5 野菜をうまく育てるコツはありますか?

日々の「観察」が大事。微妙な変化を察知して。

野菜づくりで一番大事なのは根気よく観察することです。例えばトマトは調子が悪いと葉がしぼむし、元気なら葉は生き生きと広がります。毎日葉や茎、生育の状態を見守っていくことで、微妙な変化を察知し、対処できるようになるんです。それと、もう一つ大事なのは、人と比べないこと。育てる環境も条件も違う他人の作物と競っても意味はありません。できがよくても悪くても、自分のプランターの野菜を愛でてあげましょう。

ys55_q&a01.gif油井敬史(ゆい たかし)
2014年、神奈川県相模原市にて「ゆい農園」を開設。農薬や肥料に頼らない方法で野菜を作る。EBISUTOMATO CHALLENGEのトマトの世話も担当中。見かけたら、野菜の育て方など質問してみては?

YEBISU STYLE 最新号

YEBISU STYLE最新号は恵比寿ガーデンプレイス内各エリアで入手することができます。また、WEB上でもご覧いただくことができます。

最新号はこちら
ページTOP