YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ

YEBISU STYLE

online

#12 ロティサリーブルー

天空のビストロで食すジューシーな丸焼きチキン。

Photos by Shin-ichi Yokoyama

(左)『ロティサリーチキン』フルサイズ¥3,980、ハーフサイズ¥2,400 国産のひな鳥だけを使用。ローズマリー、タイムなどのハーブを数種類ブレンドし、マリネ。
(右)カジュアルシックなテーブルセッティング。色合いが素敵なサービスプレートはイギリス製。

ロティサリーチキンをご存知?フランス語では「rotir(ロティール)」、つまり炙り焼きで、鶏を丸ごと低温でじっくり焼き、皮はパリパリに、中をジューシーに仕上げる調理法。丸鶏を串に刺し、オーブン内でゆっくり回転させて焼き上げるロティサリーマシンを、フランスの街中で見かけた方も多いだろう。

恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に、このマシンで鶏を焼いてくれるお店がある。オリジナルのハーブ調味液に国産のひな鶏をひと晩漬け込み、冷蔵庫で1日半乾燥させつつ馴染ませ、マシンで焼き上げる。丸ごと焼くので旨味が閉じ込められ、ふたりで1羽、ぺろりと食べられる。このマシンで、牛や豚、羊などの肉も焼く。

店内はパリのビストロをイメージ。晴れていれば、大きな窓から富士山を望める。夕景も最高。

ロティサリーのほか、ブイヤベースやラタトゥイユ、ガレットなどのフランス郷土料理が楽しめる。ワインはフランスを中心に、ボトル4000円台のリーズナブルなものが揃う。

ここの名物がもうひとつ。卵液にひと晩漬けてバターで焼き上げた、ふわっふわのフレンチトースト。チキンとワインを堪能した後の締めにおすすめだ。

ys57_restaurant_1.png(左)「キヌアといちじくのフラワーサラダ」¥1,280 野菜たっぷり、スーパーフードのキヌア入りのヘルシーサラダ。
(中)「10時間漬け込んだ絶品フレンチトースト」¥1,200(ランチ価格。ディナーは1ピース¥800)。隠れた人気メニュー。
(右)店長の三浦正太郎さん。「フランス料理の入り口になるような気軽な店です。お得なコースもありますよ」

ロティサリーブルー
TEL 03-6277-0768
場所 恵比寿ガーデンプレイスタワー39階
時間 11:00~14:30LO 17:00~22:00LO
※表示価格に税、サービス料は含まれていません。

文・北村美香
フードエディター&ライター。『朝日新聞』『eclat』『婦人公論』『Numero東京』『アエラスタイルマガジン』などに執筆。『ウー・ウェンの家庭料理8つの基本』(ウー・ウェン著・文芸春秋社刊)など、多数の単行本を編集。

YEBISU STYLE 最新号

YEBISU STYLE最新号は恵比寿ガーデンプレイス内各エリアで入手することができます。また、WEB上でもご覧いただくことができます。

最新号はこちら
ページTOP