YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ

YEBISU STYLE

online

#11 鮨たか

“女ひとり寿司”デビューにおすすめ。 確かな仕事のやさしい鮨屋。

Photos by Shin-ichi Yokoyama

(左)鮨は左から、中とろ、小肌、金目鯛の炙り。お勧め12貫¥5,000、8貫¥3,500
(右)明るく入りやすい店内。コースでは、おつまみと鮨をゆっくり楽しめる。お好み数貫でさっと出るお客様も。個室利用も可能なテーブル席あり。

 恵比寿ガーデンプレイスタワーの38階。ドアのない、開放感あふれる入り口は、鮨屋とは思えない。女性ひとりでも入りやすい明るい雰囲気。カウンターでは、コワモテの大将ではなく、職人さんたちがにこやかに迎えてくれる。

 下高井戸で創業して約90年。地元の人たちに愛されてきた「旭鮨総本店」が今春、カウンターをメインとして、グレードアップした「鮨たか」を、ここにオープンした。

 「煮つめ」や「かんぴょう」はもちろん、ふわっと仕上げた煮穴子など、随所に江戸前の技がキラリと光る。特に、魚の状態を見極め、塩と酢を巧みに用いた「〆もの」は見事。こはだ、いわし、あじ、さばなど、この店の「光もの」に、ぶれは一切ない。

 酢飯は、宮城産ササニシキに酢を効かせ、キリリと仕上げている。「ねたと一体感が出るよう、温度にも気をつけています」と中田料理長。

 本店同様、リーズナブルな価格がうれしい。コースも、お好みもあり。平日限定の女性向けのランチプレートは、行列ができる人気。敷居の高い鮨屋が多い中、女性ひとりでも入れる貴重な存在だ。もちろん、友人とでも、デートにも、あるいは家族連れも楽しめるナチュラルな佇まいがいい。

ys56_restaurant01.gif(左)「旬の刺身盛り合わせ(5点)」¥2,500 この日は、いさき、あじ、白いか、赤貝、中とろ。
(中)「煮あなご」¥1,200。その時期でおいしいあなごを醬油、酒、砂糖でふわりと炊き上げる。
(右)「入り口はいつもオープンです。気軽にいらしてください!」とにこやかな中田憲孝料理長。

鮨たか
TEL 03-5423-0355
場所 恵比寿ガーデンプレイスタワー38階
時間 11:30~15:00 16:30~23:00(平日) 11:30~23:00(土日祝)
※表示価格に税、サービス料は含まれていません。

文・北村美香
フードエディター&ライター。『朝日新聞』『eclat』『婦人公論』『Numero東京』『アエラスタイルマガジン』などに執筆。『ウー・ウェンの家庭料理 8つの基本』(ウー・ウェン著・文芸春秋社刊)など、多数の単行本を編集。

YEBISU STYLE 最新号

YEBISU STYLE最新号は恵比寿ガーデンプレイス内各エリアで入手することができます。また、WEB上でもご覧いただくことができます。

最新号はこちら
ページTOP