YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ
INFORMATION

お知らせ

動く通路「恵比寿スカイウォーク」で街を舞台にした連続ストーリー 「STREET&BOOKS」放映

動く通路「恵比寿スカイウォーク」で「STREET&BOOKS」実証実験開始
~デジタルサイネージで繰り広げられる、街を舞台にした連続ストーリー放映~


 恵比寿ガーデンプレイスを運営するサッポロ不動産開発株式会社は、『街から生まれる物語を届ける、全く新しいブックレーベル。』をコンセプトにした新たな出版事業「STREET&BOOKS」の実証実験を10月31日(土)より開始します。
 本事業は、デジタルサイネージで展開する、街を舞台にしたブックレーベルという新たな出版事業のビジネスモデル開発を目指した取り組みで、第一回目の実証実験は、動く通路「恵比寿スカイウォーク」にデジタルサイネージを設置し、1日1話または2話ごとで物語が進行し、14日間でストーリーは完結します。

 今回は、芥川賞作家・平野啓一郎氏と、SNSを中心に活動されている漫画家・吉本ユータヌキ氏による、恵比寿を舞台にした2つの物語を放映します。
また、公式サイトでは、放映作品を24時間限定で公開しており、書籍の予約販売も行います。予約受注数が、1,500部を上回った場合のみ、販売が決定する新しいビジネスモデルです。ぜひお楽しみください。
<放映期間・タイトル>
2020年10月31日(土)~12月11日(金)
  予告放映  10月31日(土)~11月3日 (火・祝)
  第一弾作品 11月4日(水) ~11月17日(火)
    芥川賞作家 平野啓一郎作『竜の昇る日』
  第二弾作品 11月18日(水)~12月1日 (火)
    漫画家 吉本ユータヌキ作『おさんぽ恵比寿』
STREET&BOOKS 公式HP(外部サイト)
動く通路「恵比寿スカイウォーク」で街を舞台にした連続ストーリー 「STREET&BOOKS」放映
ページTOP