YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ
EVENT

イベント

ART

東京都写真美術館 3階展示室(第1部)/2階展示室(第2部)

新・晴れた日 篠山紀信

開催期間:5/18(火)~8/15(日)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)

料金:共通チケット 一般1,200円、学生950円、中高生・65歳以上600円 (第1部もしくは第2部のみ 一般700円、学生560円、中高生・65歳以上350円)
※本展はオンラインによる日時指定予約を推奨いたします。
日時指定予約Webketページ(外部サイト)
時代の熱量をとらえた写真によって、1960年代から活躍を続ける篠山紀信。数多くの雑誌の表紙やグラビアを手がけ、写真家として時代をつくり出してきました。1974年に『アサヒグラフ』誌で連載され、後に写真集にまとめられた『晴れた日』は、篠山紀信の特徴を凝縮した一冊で、「写真はうまれながらにして大衆性を背負っているメディア」と自身で語るように長嶋茂雄や輪島功一、オノ・ヨーコなど、誰もが知るアイコンをちりばめながら、広範に社会の動きを捉え、昭和という時代の尖鋭な批評となっています。
「新・晴れた日」と題した本展は、この『晴れた日』の構造を使って、二部構成で60年間にわたる篠山紀信の116作品を展覧します。第1部では写真界で注目を集めた1960年代の初期から、『晴れた日』や1976年のヴェネチア・ビエンナーレでも出品された『家』ほか、その後の幅広い活躍の原点となる1970年代までの主要作品で構成。第2部では、1980年代以降の作品を中心に、バブル経済による変貌から、2011年の東日本大震災を経て、2021年に向かい再構築される東京の姿まで、創造と破壊、欲望と不安が相即不離な変化の時代をとらえた作品を紹介します。

篠山紀信 しのやま・きしん
1940年東京生まれ。日本大学藝術学部写真学科在学中の61年に広告写真家協会展APA賞受賞。広告制作会社「ライトパブリシティ」を経て、68年よりフリー写真家として活動開始。66年東京国立近代美術館「現代写真の10人」展に最年少で参加。76年にはヴェネツィア・ビエンナーレ日本館の代表作家に選ばれるなど、その表現は早くから評価を受ける一方で、1971年より『明星』の表紙を担当して以降、写真家として時代を牽引する存在となる。70年日本写真協会年度賞、72年芸術選奨文部大臣新人賞、73年講談社出版文化賞、79年毎日芸術賞、98年国際写真フェスティバル金賞、2020年菊池寛賞など受賞歴多数。東京都写真美術館 第二期重点収集作家。
新・晴れた日 篠山紀信(外部サイト)
主 催:[第1部]東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館 [第2部]公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

※事業は諸般の事情により変更することがございます。 あらかじめご了承ください。
東京都写真美術館 公式HP(外部サイト)
新・晴れた日 篠山紀信
〈晴れた日〉 1974年 東京都写真美術館蔵
新・晴れた日 篠山紀信
〈家〉[蔵座敷の家 山形県山形市] 1972年
新・晴れた日 篠山紀信
〈TOKYO NUDE〉[表参道・結晶のいろ] 1986-92年
ページTOP