YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ
EVENT

イベント

ART

東京都写真美術館 地下1階展示室

写真新世紀展 2020

開催期間:10月17日(土)~ 11月15日(日)
写真で何ができるだろう?
写真でしかできないことは何だろう?

写真新世紀[第43回公募]受賞作品展

「写真新世紀」は、写真表現の可能性に挑戦する新人写真家の発掘・育成・支援を目的として、キヤノンが1991年にスタートした文化支援プロジェクトです。 銀塩・デジタル写真を問わず、自由で独創的な写真表現を応援しており、国内外で活躍する優秀な写真家を多数輩出するなど新人写真家登竜門として広く認知されています。これまでの応募者総数は33,359名(組)となっております。

ジャンルを問わない新しい視点による作品、作家の創作活動を支援出来るよう、静止画・動画にも対応した応募システムを整え、グローバルに公募を展開しています。この試みに、今年は2,002名の方がチャレンジされ、その中から審査員7名がそれぞれに優秀賞、佳作を選出しました。「写真新世紀展 2020」では、それら受賞作品をご紹介します。 10月30日(金)には、グランプリ選出公開審査会を開催し、優秀賞受賞者の中から本年度のグランプリが審査員の合議の下、選出される予定です。グランプリ受賞者には、賞金100万円とキヤノンカメラ製品が贈られます。
会場では、2019年度のグランプリ受賞者中村 智道氏の新作個展を同時開催するほか、10月22日(木)には、出展者によるアーティスト・トークを開催します。また、関連イベントとして本年度の審査員 野村浩氏、オノデラユキ氏による写真レクチャーを開催します。 この機会に才能溢れる若手写真家たちの現代を見つめる斬新な眼差しと写真表現の可能性に触れていただければと思います。

■優秀賞 ※五十音順敬称
金田 剛「M」(瀧本 幹也 選)
後藤 理一郎「普遍的世界感」(安村 崇 選)
セルゲイ・バカノフ「The Summer Grass, or My mother‘s eyes through her last 15 years」(ポール・グラハム 選)
立川 清志楼「写真が写真に近づくとき」(オノデラユキ 選)
樋口 誠也「some things do not flow in the water」(野村 浩 選)
宮本 博史「にちじょうとひょうげん-A2サイズで撮り溜めた、大阪府高槻市・寺田家の品々-」(椹木 野衣 選)
吉村 泰英「馬の蹄」(清水 穣 選)

■佳作
石川 古雨「from my room」(野村 浩 選)
石川 琢也「Vectorized Vital Vortex」(安村 崇 選)
小川 修司「女学生日和」(椹木 野衣 選)
郭 勇志「空(から)」(清水 穣 選)
柏田 テツヲ「In to the Gray」(瀧本 幹也 選)
河津 晃平「Room for」(安村崇 選)
五味 航「尾根を渡る」(瀧本 幹也 選)
澤田 詩園「Strawman meme」(野村 浩選)
志賀 耕太「Hologram and Two switches」(オノデラユキ 選)
高崎 恵「Peninsula」(椹木 野衣 選)
ダビド・ナタナエル・ロブ「i Am Not The Most Important」(ポール・グラハム 選)
塚原 誠「わたしは世界と戯れる」(清水 穣 選)
遠山 寛人「忘憂」(オノデラユキ 選)
藤原 香織「森から見る」(ポール・グラハム 選)

写真新世紀 公式ホームページ (Official Website) ↓ https://global.canon/ja/newcosmos/
写真新世紀展 2020(外部サイト)
休館日:毎週月曜日
料金:無料
東京都写真美術館 公式HP(外部サイト)
【お問い合わせ】
キヤノン株式会社 写真新世紀事務局
〒146-8501 東京都大田区下丸子3-30-2 
TEL 03-5482-3904

□主催:キヤノン株式会社 
□共催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館

なお、展覧会はやむをえない事情で変更することがございます。最新情報は、写真新世紀 公式ホームページでご確認ください。

個人情報の取り扱いについて詳しくは「個人情報保護方針」をご確認ください。
個人情報保護方針(外部サイト)
写真新世紀展 2020
写真新世紀展 2020
写真新世紀 第43回公募 優秀賞選出審査会 審査風景
ページTOP