YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ
EVENT

イベント

CINEMA

恵比寿ガーデンシネマ

ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏

開催期間:2/14(金)公開
アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、時代の寵児となった美少年作家J・T・リロイ。
映画「サラ、いつわりの祈り」の原作者としても知られる彼は、ふたりの女性が作り上げた架空の人物だった!2000年代に一大スキャンダルとして報じられたこの驚くべき事件については、小説の実作者のローラを中心にしたドキュメンタリー『作家、本当のJ.T.リロイ』があるが、もうひとりのサヴァンナの視点から、真相のさらに裏側に新たな光を当てたのが本作。
彼女は、どのようにしてJ・Tになったのか?

1999年、ローラ・アルバートはJ.T.リロイのペンネームで「サラ、神に背いた少年」を発表する。
だがこれを「著者の実体験に基づく」と偽り、リロイは「ウェストバージニア州出身の18歳で、母親に強制されて男娼になった人物」とした。
その過酷な体験は感動を呼び、アルバートの小説は一躍ベストセラーとなる。ところがリロイへの取材オファーが殺到したため、アルバートは義理の妹、サヴァンナにリロイを演じてもらうことにする。
公式HP(外部サイト)
ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏
© 2018 Mars Town Film Limited
ページTOP