YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ
EVENT

イベント

ART

東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム、恵比寿ガーデンプレイス センター広場、地域連携各所ほか

第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」

開催期間:2/8(金)~2/24(日)
映像とアートの国際フェスティヴァル「恵比寿映像祭」。第11回は「トランスポジション 変わる術」をテーマに、展示・上映・トークセッション・地域連携など多彩なプログラムを開催します。

今いる位置から違うところへ移動すること、あるいは、すでにある作法を異なるものに置き換えることをトランスポジションといいます。視点の変化や編集の緩急、ひとつの主題を異なるメディアやメソッドで表現すること、前提となる文化や物理的な環境を変えることなど、多様なトランスポジションの妙によって、アートや映像表現の面白さは形作られます。第11回恵比寿映像祭では、「トランスポジション」をキーワードに、多彩な作品とプログラムをご紹介します。

トランスポジションは、既存のあり方を否定し壊すこととは限りません。これまでの常識やルールがうまく機能しないとき、意識的に異なる場所に立つことは、ひとつではない答を模索し続ける術であるとともに、変わらないもの、換え難いあり方を見出すための問いとなります。様々なトランスポジションを味わいながら、能動的なアクションと創造性について、作り手、送り手、そして観客の皆様とともに考えたいと思います。
第11回恵比寿映像祭
[名称]第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」Yebisu International Festival for Art & Alternative Visions 2019: The Art of Transposition
[会期]平成31(2019)年2月8日(金)~2月24日(日)[15日間]〈12日(火)、18日(月)休館〉
[時間]10:00~20:00(最終日は18:00まで)
[入場]無料 ※定員制のプログラムは有料
[主催]東京都/東京都写真美術館・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)/日本経済新聞社
[共催]サッポロ不動産開発株式会社/公益財団法人日仏会館
[後援]駐日フィリピン共和国大使館/オーストリア大使館 オーストリア文化フォーラム/駐日韓国大使館 韓国文化院/在日スイス大使館/駐日ブラジル大使館/ポーランド広報文化センター/TBS/J-WAVE 81.3FM
[協賛]全日本空輸株式会社/サッポロビール株式会社/東京都写真美術館支援会員
[協力]アダム・ミツキェヴィチ・インスティテュート Culture.pl/ぴあ株式会社/ドゥービー・カンパニー株式会社/株式会社ロボット
東京都写真美術館
 第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」
 第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」
ミハイル・カリキス《とくべつな抗議活動》2018 /コミッショナー:Whitechapel Gallery, FVU, MIMA 
 第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」
デヴィッド・オライリー《エヴリシング》2017 © David OReilly
 第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」
バスマ・アルシャリフ《ウロボロス》2017 /Ouroboros Film Still, 2017, Courtesy of the Artist and Galerie Imane Farès.
 第11回恵比寿映像祭「トランスポジション 変わる術」
さわひらき《absent》2018[参考図版]
ページTOP