YEBISU GARDEN PLACE

  • 文字の大きさ標準サイズ
  • 文字の大きさ拡大サイズ
EVENT

イベント

ART

東京都写真美術館

杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年

開催期間:7/24(火)~9/24(月・振休)
杉浦邦恵(1942-)の50年にわたる活動を顧みる、日本で初めての大規模個展「杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年」を開催します。
現在ニューヨーク在住の杉浦は、1963年、21歳の時に単身渡米し、シカゴ・アート・インスティテュートで写真を学びました。卒業後、ニューヨークに移り住み、現在に至るまでチャイナタウンのスタジオで創作活動を続けています。
杉浦が作品制作をはじめた当時のアメリカは、ロバート・フランクやダイアン・アーバスに代表されるモノクロのストレート写真が全盛時代にありました。しかし、杉浦は写真というメディアの表現としての多様な可能性にいち早く注目し、カメラを使用しないで写真を制作するフォトグラムやコラージュによる作品制作を行うほか、写真の液体乳剤と油絵キャンバス、アルミニウムなど紙以外の素材と組み合わせるなど、実験的な作品制作に取り組んできました。
本展では1960年代後半からシカゴ、ニューヨークで作品制作を続けてきた杉浦の活動を通して、彼女が生きてきた時代背景と美術・写真の歴史の変遷を視ながら、杉浦がいかに先駆的であるかを浮かび上がらせようとする試みです。
【作家略歴】
杉浦邦恵
1942年、名古屋生まれ。お茶の水女子大学物理学科中退後、渡米。ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、ボストン美術館、東京国立近代美術館、愛知県美術館、埼玉 県立近代美術館、東京都写真美術館などに作品所蔵。
杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年
休館日:毎週月曜日(ただし、9月17日[月・祝]、24日[月・振休]は開館、9月18日[火]は休館)
料金:一般 900(720)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 700(560)円
※ ( )は20名以上団体、館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引、館年間パスポートご提示者(公式サイトのご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料/7月26日(木)- 8月31日(金)の木・金18:00-21:00は学生・中高生無料/一般・65歳以上は団体料金 *各種割引の併用はできません。
東京都写真美術館
杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年
《電気服にちなんで Ap2, 黄色》2002年 黄色で調色されたゼラチン・シルバー・プリント 東京都写真美術館蔵
杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年
《飛び跳ねる D ポジティブ》1996年 黄色で調色されたゼラチン・シルバー・プリント 作家蔵 Courtesy of Taka Ishii Gallery
杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年
《(レントゲン)棚のインスタレーション》 ゼラチン・シルバー・プリント アクリル板 金属製棚 作家蔵
杉浦邦恵 うつくしい実験 ニューヨークとの50年
《ジェームス D ワトソン Dp2》 2004年 ゼラチン・シルバー・プリント 作家蔵
ページTOP