YEBISU STYLE

online

身体、食べ物、記憶、世界。時空を超えて広がる想像力の旅。

 理想の身体を目指す心に、大きな壁となって立ちはだかるのが「食欲」である。食べることさえやめられたら、すべてうまく行くのに。そんな思いで後悔の淵に沈んだことも、一度ならず。けれど、食べるもので身体は半年で入れ替わり、その流れを止めないためにも「私たちは食べ物を食べ続けなければいけないのだ」ーーそう生物学的に諭してくれるのが『せいめいのはなし』である。

 本書は生物学者の福岡伸一と、内田樹、川上弘美、養老孟司らとの対談集。作家の朝吹真理子との話題にのぼるのは「記憶」のこと。生命の中の情報はたえず動いていて、記憶もまた瞬間瞬間で新たに作られていくのだという。そんな記憶を、何千年、何万年にもわたり受け継いでしまう物語が『私の恋人』だ。

 10万年前はクロマニョン人に、第二次大戦前はドイツ系ユダヤ人に、そして3度目に現代の東京に生まれた「生まれ変わり」の記憶を持つ「私」。その10万年越しの恋の行方を、人類の変遷を織り交ぜながら描いたラブストーリー。一冊に歴史と世界を濃縮した緻密な構成、笑ってしまうほど壮大なスケール感は、『マップス 新・世界図絵』にも通じるものが。

 こちらは、82年生まれのポーランドの絵本作家夫婦が、世界42ヵ国の建物、食べ物、動物などをイラストで紹介した大型絵本。2012年に発売され、たちまち世界で150万部をこえるベストセラーに。分子から地球レベルへ。スケールを越えて読書の旅が楽しめる3冊だ。

ys46_book1.jpg

1. 『せいめいのはなし』福岡伸一 新潮文庫 ¥562
2. 『私の恋人』上田岳弘 新潮社 ¥1,296
3. 『マップス 新・世界図絵』アレクサンドラ・ミジェリンスカ&ダニエル・ミジェリンスキ 徳間書店 ¥3.456


文・矢部智子
ライター。著書に『東京建築散歩』『本屋さんに行きたい』など。先日、地形にまつわる取材で、六本木・麻布界隈を4時間かけて散歩。アップダウンのある東京の街をなめるように歩く。最高の健康法です。

YEBISU STYLE 最新号

YEBISU STYLE最新号は恵比寿ガーデンプレイス内各エリアで入手することができます。また、WEB上でもご覧いただくことができます。

最新号はこちら