イベント&ニュース Event & News

アート

  • シュウゾウ・アヅチ・ガリバー《シネマティック・イリュミネーション》 1968-69年  インターメディア 東京都写真美術館蔵

    シュウゾウ・アヅチ・ガリバー《シネマティック・イリュミネーション》 1968-69年 インターメディア 東京都写真美術館蔵

    松本俊夫《つぶれかかった右目のために》 1968年 マルチプロジェクション(16ミリフィルムより変換) 東京都写真美術館蔵

    松本俊夫《つぶれかかった右目のために》 1968年 マルチプロジェクション(16ミリフィルムより変換) 東京都写真美術館蔵

    飯村隆彦《リリパット王国舞踏会》 1964 /66年  ダブル・プロジェクション(16ミリフィルム) 個人蔵

    飯村隆彦《リリパット王国舞踏会》 1964 /66年 ダブル・プロジェクション(16ミリフィルム) 個人蔵

    エクスパンデッド・シネマ再考

    08/15(火)~10/15(日)
    場所:
    東京都写真美術館

    東京都写真美術館では、映像コレクションを軸に、映像メディアの歴史を振り返りながら、未来の映像の可能性を探る映像展として、「エクスパンデッド・シネマ再考」展を開催します。

    「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」は、従来の映画館等でのスクリーンへの投影とは異なった方法で上映される映画です。この上映形式は、1960年代半ば頃から欧米を中心に、美術家や実験映像作家によって展開されていきます。それは、今日では既に定着しているマルチプロジェクションやループ上映、 ライヴ・パフォーマンスをはじめ、同時代のインターメディアやアート&テクノロジーの状況と呼応しながら、 本来の映像がもつ多様性を再発見していく試みでした。本展では、「エクスパンデッド・シネマ」の誕生から様々な実験を繰り広げた日本の作品に着目し、その独自性と先見性を当館の映像コレクションを中心に検証していきます。
    開催期間:2017年8月15日(火)~10月15日(日)
    休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
    料金:一般 600(480)円/学生 500(400)円/中高生・65歳以上 400(320)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料。ただし、8月18日(金)・25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 480円/学生・中高生 無料/65歳以上 320円 ※各種割引の併用はできません)

  • 写真家チェ・ゲバラが見た世界

    08/09(水)~08/27(日)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンルーム

    ■開催日時:
    2017年8月9日(水)〜27日(日)11:00〜20:00
    ※最終日 15:00最終入場 16:00閉館 

    ■会場:ザ・ガーデンルーム

    ■料金:
    前売券 800円(高校生以下 無料)
    当日券 一般 1,000円/大学・専門学生 800円/高校生以下 無料

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999 (Pコード:768-516)

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003(Lコード:30057)

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ■主催:InterFM897
     
    ■後援:キューバ大使館

    ■チケットに関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)
    ■お問い合わせ:InterFM897  03-5781-7610

  • 北島敬三《Suga Chitose Oct. 28, 2005》〈PORTRAITS〉より  2005年  発色現像方式印画

    北島敬三《Suga Chitose Oct. 28, 2005》〈PORTRAITS〉より 2005年 発色現像方式印画

    中村ハルコ〈光の音〉より 1993-98年 インクジェット・プリント

    中村ハルコ〈光の音〉より 1993-98年 インクジェット・プリント

    屋代敏博《恵比寿ガーデンプレイス》〈 回転回LIVE!〉より 2008年 発色現像方式印画

    屋代敏博《恵比寿ガーデンプレイス》〈 回転回LIVE!〉より 2008年 発色現像方式印画

    菊地智子 《鏡の前のグイメイ、重慶》〈I and I〉より 2011年 インクジェット・プリント

    菊地智子 《鏡の前のグイメイ、重慶》〈I and I〉より 2011年 インクジェット・プリント

    郡山総一郎〈Apartments in Tokyo〉より 2013-14年 発色現像方式印画

    郡山総一郎〈Apartments in Tokyo〉より 2013-14年 発色現像方式印画

    総合開館20周年記念 TOPコレクション
    コミュニケーションと孤独 平成をスクロールする 夏期

    07/15(土)~09/18(月)
    場所:
    東京都写真美術館

    TOPコレクションは、毎年一つの共通テーマで、三期にわたって東京都写真美術館のコレクションを紹介する展覧会シリーズです。今年のテーマは「平成」です。

    夏期では、メールやインターネットの普及、肖像権侵害や個人情報保護、コミュニケーション障害や孤独死など、おもに平成という現代に起き始めた現象により、他者とのコミュニケーションのはかり方、人やものとの距離の取り方は変化し、複雑化が進んでいます。何かと直接対峙することによってできあがるメディアである写真は、撮影者と被写体の二者間に何らかのコミュニケーション、関わりが必須となります。写真によって作品を制作する作家たちが、こうした状況のなかで、何を撮影し、表現しようとしているのか、そして、作家と被写体、そして鑑賞者との関係性にはどのような変化が起きているのでしょうか。
    東京都写真美術館の34,000点を超えるコレクションの中から、平成年代に制作された作品をご紹介しながら、時代とともに変化してきたコミュニケーションのありかたを考えます。
    開催期間:2017年7月15日(土)~9月18日(月・祝)
    休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
    料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 400円/学生・中高生 無料/65歳以上 200円 ※各種割引の併用はできません)/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

  • 〈センチメンタルな旅〉より 1971年 東京都写真美術館蔵

    〈センチメンタルな旅〉より 1971年 東京都写真美術館蔵

    〈センチメンタルな旅〉 1971年 より 東京都写真美術館蔵

    〈センチメンタルな旅〉 1971年 より 東京都写真美術館蔵

    《愛のバルコニー》1985年 ゼラチン・シルバー・プリント

    《愛のバルコニー》1985年 ゼラチン・シルバー・プリント

    《食事》1985年 発色現像方式印画

    《食事》1985年 発色現像方式印画

    《遺作 空》2009年 発色現像方式印画

    《遺作 空》2009年 発色現像方式印画

    総合開館20周年記念
    荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

    07/25(火)~09/24(日)
    場所:
    東京都写真美術館

    東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」展を開催します。 荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国の内外で高い評価を得ています。

    本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。
    開催期間:2017年7月25日(火)~9月24日(日)
    休館日:毎週月曜日(ただし9月18日(月・祝)は開館し、19日(火)は休館)
    料金:一般 900(720)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 700(560)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 720円/学生・中高生 無料/65歳以上 560円 ※各種割引の併用はできません)