イベント&ニュース Event & News

すべて

  • 『恵比寿ガーデンピクニック』開催!

    07/15(土)~09/03(日)
    場所:
    ひろば

    毎年恒例の野外シネマ上映「ピクニックシネマ」は今年は12回開催。
    その他ヨガ体験「ピクニックヨガ」をはじめ、日本最大級のハワイ・フェス「ALOHA TOKYO 2017」など、様々なイベントを実施します。

    7月15日(土)~9月3日(日)までの期間中、「都会で楽しむ大人の夏休み」をテーマとして、野外映画上映をはじめとした様々なイベントを実施する『恵比寿ガーデンピクニック』を開催します。


    「ピクニックシネマ」は野外で楽しむ映画上映。移動映画館「キノ・イグルー」が「どんな人生にも、他のどの日よりも幸せな一日がある」をコンセプトとして選出した12作品を上映します。
    上映日時:8月3日(木)~5日(土)、10日(木)~15日(火)、17日(木)~19日(土) 各日19:30~


    「ピクニックヨガ」では朝・夜に無料でヨガが体験できます。
    開催日時:(朝)8月3日(木)、8月17日(木)、8月24日(木) 7:30~8:30
          (夜)8月2日(水)、8月7日(月)~9日(水)、8月16日(水)、8月21日(月)~23日(水)、8月28日(月) 19:00~20:00


    「ALOHA TOKYO 2017」は国内最大級のハワイ・フェス。国内トップクラスのグループによるフラ&タヒチアンショー、ハワイからの来日ゲストや人気アーティストなどが出演します。
    開催日時:7月21日(金) 14:00~20:00、7月22日(土) 10:00~20:00、7月23日(日) 10:00~19:00


    その他、バイオリン演奏と体験ワークショップ「WE LOVE MUSIC」、山形県おきたまのブドウを中心とした食イベント「Grape Harvest Ebisu」、「C;ON ミニライブ」など多彩なイベントを実施します。
    『恵比寿ガーデンピクニック』
    期間:7/15(土)~9/3(日)

  • 恵比寿ガーデンプレイス夏のおススメグルメ♪

    場所:
    その他

    恵比寿ガーデンプレイスから夏にピッタリの様々なグルメをお届け

    恵比寿ガーデンプレイスから夏にピッタリの様々なグルメをお届けします。

    夏の旬の食材を使った一品から、夏を乗り切るスタミナ料理、ひんやり甘いデザートなど各店おススメの料理をご紹介。

    夏の美味しさを恵比寿ガーデンプレイスでお楽しみください。

  • 時計広場にて『The Book & Film Bar』開催!

    08/04(金)~09/03(日)
    場所:
    ひろば

    野外テントの下で冷たいドリンクを飲みながら、本を読んだり、ショートムービーを鑑賞したり。
    大人の知的好奇心をくすぐる夏時間をお届けします。

    8月4日(金)~9月3日(日)までの期間中、時計広場にて、カフェ、アルコールなどのドリンクを飲みながら、読書や短編映画、アニメ、伝統文化、環境などの映像作品が自由に鑑賞できる期間限定のテラス『The Book & Film Bar』をオープンします。

    BARでは、麦芽100%使用のプレミアムビールであるヱビスビールをはじめ、シャンパーニュ界の伯爵とも讃えられているテタンジェ、夏カクテルの王様、モヒートなどを販売。

    また、毎日19:00からは、テラスに設置したスクリーン(100インチ)で、恵比寿の映像制作会社ROBOTがセレクションした、日本をはじめ世界各国のアニメーションや新進気鋭の監督による短編映画、第一線で活躍する映像作家の作品などを上映します。

    図書館では今年の3月まで当施設のグラススクエアにあったパブリックスペース「COMMON EBISU」の「感想文庫=(読み終わった本を集めて作られた未来型図書館)」に利用者から寄贈された約1,000冊の本を自由に閲覧できます。
    『The Book & Film Bar』
    期間:8/4(金)-9/3(日)

  • DINING & SKY 「TOP of YEBISU」 8月26日(土)グランドオープン!

    場所:
    その他

    8月26日(土)、恵比寿ガーデンプレイスタワー38・39階レストラン街 DINING & SKY 「TOP of YEBISU」がグランドオープンいたします。

    新たにオープンする39階は、”Think the world”をテーマにタイ、中国、イタリア、南仏、オーストラリアなど、世界の厳選された料理の数々を、カジュアルでありながら洗練されたサービスでお愉しみいただける店舗が集結。

    また、38階には新鮮な魚介を味わえる天ぷら専門店が加わり、和のフロアとして充実を図ってまいります。

    本格的な専門店のお料理を、ハレの日に、大切な方と気軽に楽しんでいただける空間をご提供し、多くのお客様に恵比寿ガーデンプレイスをご利用いただける機会に繋がることを期待しています。

    <オープン店舗>
    39階 
    Longrain (タイ料理)
    LUCIS GARDEN 恵比寿 by TOH-TEN-KOH (中国料理)
    ROTISSERIE ☆ BLUE (南仏料理)
    South (オーストラリア)
    BOCCIANO (イタリアン)

    38F
    恵比寿 天ぷら魚新 (天ぷら)
    DINING & SKY 「TOP of YEBISU」
    グランドオープン:8/26(土)

    <店舗のお問い合わせ先>
    39階 
    Longrain 
     TEL:03-5424-1300

    LUCIS GARDEN 恵比寿 by TOH-TEN-KOH
     TEL:03-5424-1015

    ROTISSERIE ☆ BLUE 
     TEL:03-6277-0768 (8/26より)
     8/25までは 03-6892-2943まで(株式会社アジアンテイブル)

    South
     TEL:03-5793-1955(8/18より)
     
    BOCCIANO 
     TEL:03-6447-7885 (8/20より)
     8/19までは 03-3217-2013まで(ダ・ボッチャーノ 丸の内店)

    38F
    恵比寿 天ぷら魚新
     TEL:03-6450-3117 (8/22より)
     8/21までは 03-5205-7661まで(日本橋 天ぷら魚新)

  • © British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

    © British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

    © British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

    © British Broadcasting Corporation and Polunin Ltd. / 2016

    ダンサー、セルゲイ・ポルーニン
    世界一優雅な野獣

    08/19(土)~09/08(金)
    場所:
    東京都写真美術館

    東京都写真美術館ホールとYEBISU GARDEN CINEMAで連動上映決定!
    朝は東京都写真美術館ホールにて、午後はYEBISU GARDEN CINEMAにてそれぞれ上映をお楽しみください。
    なおスケジュールの詳細は各HPにてご確認ください。

    <ヌレエフの再来>と謳われる類まれなる才能と、それを持て余しさまよう心――
    19歳で英ロイヤル・バレエ団の史上最年少プリンシパルとなるも、人気のピークで電撃退団。バレエ界きっての異端児の知られざる素顔に迫ったドキュメンタリー。
    上映期間:2017年8月19日(土)~9月8日(金)
    休映日:毎週月曜日
    ※上映時間・料金等の詳細は、東京都写真美術館のホームページをご覧下さい。

  • (c)2016 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa International Sweden AB.

    (c)2016 Zentropa Entertainments3 ApS, Zentropa International Sweden AB.

    きっと、いい日が待っている

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    8/5(土)公開
    幼い兄弟の勇気がもたらした奇跡を描く感動の実話――

    1967年、コペンハーゲン。
    労働者階級家庭の兄弟、エリックとエルマーは、病気の母親と引き離され、男児向けの養護施設に預けられることになる。
    施設では、ヘック校長や職員たちがしつけという名のもとに子供たちに体罰を与えていた。
    エリックたちは慣れない環境に馴染めず、上級生たちからもイジメの標的にされてしまい辛い毎日を送っていた。
    ある日、叔父が「施設を出て一緒に暮らそう」と訪ねてくるが、ヘック校長に一蹴されてしまう。
    悲観したエリックとエルマーは施設からの逃亡を図ろうとするが…。

  • シュウゾウ・アヅチ・ガリバー《シネマティック・イリュミネーション》 1968-69年  インターメディア 東京都写真美術館蔵

    シュウゾウ・アヅチ・ガリバー《シネマティック・イリュミネーション》 1968-69年 インターメディア 東京都写真美術館蔵

    松本俊夫《つぶれかかった右目のために》 1968年 マルチプロジェクション(16ミリフィルムより変換) 東京都写真美術館蔵

    松本俊夫《つぶれかかった右目のために》 1968年 マルチプロジェクション(16ミリフィルムより変換) 東京都写真美術館蔵

    飯村隆彦《リリパット王国舞踏会》 1964 /66年  ダブル・プロジェクション(16ミリフィルム) 個人蔵

    飯村隆彦《リリパット王国舞踏会》 1964 /66年 ダブル・プロジェクション(16ミリフィルム) 個人蔵

    エクスパンデッド・シネマ再考

    08/15(火)~10/15(日)
    場所:
    東京都写真美術館

    東京都写真美術館では、映像コレクションを軸に、映像メディアの歴史を振り返りながら、未来の映像の可能性を探る映像展として、「エクスパンデッド・シネマ再考」展を開催します。

    「エクスパンデッド・シネマ(拡張映画)」は、従来の映画館等でのスクリーンへの投影とは異なった方法で上映される映画です。この上映形式は、1960年代半ば頃から欧米を中心に、美術家や実験映像作家によって展開されていきます。それは、今日では既に定着しているマルチプロジェクションやループ上映、 ライヴ・パフォーマンスをはじめ、同時代のインターメディアやアート&テクノロジーの状況と呼応しながら、 本来の映像がもつ多様性を再発見していく試みでした。本展では、「エクスパンデッド・シネマ」の誕生から様々な実験を繰り広げた日本の作品に着目し、その独自性と先見性を当館の映像コレクションを中心に検証していきます。
    開催期間:2017年8月15日(火)~10月15日(日)
    休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
    料金:一般 600(480)円/学生 500(400)円/中高生・65歳以上 400(320)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料。ただし、8月18日(金)・25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 480円/学生・中高生 無料/65歳以上 320円 ※各種割引の併用はできません)

  • YEBISU STYLE 2017 SUMMER

    場所:
    その他

    今回のテーマは「知的冒険の夏。」
    読書は今いるこの場所から一瞬にして別のどこかへ連れて行ってくれる魔法の扉。
    この夏は、胸の奥にしまいこんでいる好奇心と想像力を解放して、知的冒険の旅に出かけてみませんか?
    「本の虫」を自認する女優、門脇麦さんのインタビューも。

    今回の表紙は「本の虫」を自認する女優、門脇麦さん。
    インタビューでは子供時代から現在までの読書体験を伺いました。

    また、ブックディレクターの幅允孝さんがコーディネートする「大人の読書会」では、4人の大人が1冊の本をみんなで囲み、考察を語り合います。
    課題図書に選ばれたのは、青春小説の金字塔『ぼくらの七日間戦争』。
    誰かと一緒に本を読む、そんなどこか懐かしい、でも大人にとっては新鮮な、夏のひとときを過ごしていただきます。


    最新号は、恵比寿ガーデンプレイス内各所にて無料配布中です。

    また、WEB特設サイト「YEBISU STYLE online」でも展開中!
    YEBISU STYLEがさらに便利で手軽に読みやすく!
    記事は随時追加しています。
    恵比寿ガーデンプレイス発のライフスタイルマガジン「YEBISU STYLE」は年4回発行です。
    ※次号発行をお楽しみに。

  • 第19回 東京03 単独公演 「自己泥酔」

    09/21(木)~09/24(日)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンホール

    誰もが体験する日常のささいな出来事を笑いに昇華させた「究極のリアルコント」。 そんな笑いを舞台で表現する東京 03 の単独公演は、 お笑いファンはもちろん、演劇ファンや業界関係者からも 熱い注目をあびる人気公演です!
    5 月 25 日、東京・赤坂草月ホールでの公演を皮切りに
    『第 19 回東京 03 単独公演「自己泥酔」』全国ツアーを開催しますが、 東京の全 7 公演が早くもチケット完売! チケットをとれなかった方々からの要望も多く、 追加公演の開催が決定いたしました!
    追加公演も含め、全国 10 か所・全 24 公演となる「自己泥酔」全国ツアー! ぜひ、東京 03 の舞台を生でご覧ください!
    ■開催日時: 
    9月21日(木) 開場:18:00 開演:18:30
    9月22日(金) 開場:18:00 開演:18:30
    9月23日(土) 【昼】開場:13:00 開演:13:30 【夜】開場:18:00 開演:18:30
    9月24日(日) 【昼】開場:12:00 開演:12:30 【夜】開場:17:00 開演:17:30

    ■会場:ガーデンホール

    ■出演:東京03

    ■料金:前売り 6,500円(税込) 当日券6,500円(税込)

    ■席種:全席指定

    ■最速先行受付:2017年3月30日12:00〜

    ■プレイガイド: 
    イープラス  
    受付期間:5月25日(木)22:00~5月31日(水)23:59
    e+受付 URL:http://eplus.jp/tokyo03-19/(PC/携帯)

    ■お問い合わせ:インフォメーションダイヤル 03-5793-8878(平日13:00-18:00)

    ■備考:
    ※未就学児入場不可
    ※枚数制限:お一人様1公演につき4枚まで(複数公演申込可能)

  • PHOTO (c) KITCHEN MINORU

    PHOTO (c) KITCHEN MINORU

    YEBISU マルシェ

    場所:
    ひろば

    毎週日曜日開催、都市型市場「YEBISUマルシェ」。
    ※ 天候の影響により、中止になる場合がございます。

    毎週日曜日開催、都市型市場「YEBISUマルシェ」。
    ※ 天候の影響により、中止になる場合がございます。

    “オーガニック & ナチュラル”をコンセプトに、つくる人と食べる人をつなぐ市場として、2010年秋より開催。

    有機JAS ・ 特別栽培 ・ エコファーマーのこだわり野菜をメインに、体と環境にやさしく、普段使いしやすいマーケットを目指します!


    * マルシェとは?
    2009年秋よりスタートした都市型市場“マルシェ・ジャポン”を皮切りに、日本中にマルシェ拡大! YEBISUマルシェは、2010年より参画しています。
    マルシェ・ジャポンの詳細は下記のリンクよりご確認下さい。
    (お問い合せ)
    主催:NKBマルシェ事務局 TEL: 03-3504-2128

    ※ 受付: 10:00~18:00 (土日祝休)
    MAIL: y-marche@nkb.co.jp  ※(a)は@に変換ください。

  • 第53回 YEBISU亭

    09/02(土)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンルーム

    ■開催日時:2017年9月2日(土) 開場:14:30 開演:15:00  終演:17:30

    ■会場:ザ・ガーデンルーム

    ■出演:
    三遊亭兼好、月亭遊方
    ゲスト:みうらじゅん

    ■料金:前売3,500円 当日4,000円(税込・1ドリンク付き)

    ■席種:全席指定

    ■一般発売:2017年6月1日(木) 10:00〜

    ■プレイガイド:
    ★マークアイ
    メールお申し込み mark@broad.ne.jp
    (注・2月28日10:00より前のメールは無効となります)
    お名前・郵便番号・ご住所・電話番号・チケット枚数を明記ください。

    ★ローソンチケット 
    0570-084-003(自動音声)(Lコード:34788 24時間受付・自動音声対応)
    0570-000-407(オペレーター対応)(10:00~20:00)

    ★ローチケHMV http://l-tike.com(PC・モバイル共通)

    ★カンフェティ 
    0120-240-540(オペレーターダイヤル)(平日10:00~18:00) 
    http://confetti-web.com/ 

    ■主催:恵比寿ガーデンプレイス

    ■制作:マーク・アイ/スタンダードワークス                            

    ■構成・演出:まあくまさこ

    ■お問い合わせ:マーク・アイ 03-5789-5424

  • kainatsu LIVE TOUR 2017

    11/23(木)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンルーム

    ■開催日時:2017年11月23日(木・祝) 開場:17:00 開演:17:30

    ■会場:ザ・ガーデンルーム

    ■出演:kainatsu

    ■料金:¥4,320(税込)
     ※ご入場時、別途ドリンク代(500円)が必要です。

    ■席種:全席指定

    ■一般発売:2017年7月29日(土)

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999 (Pコード:334-748)

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003 (Lコード:73344)

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ■主催:DISK GARAGE

    ■企画・制作:SMCエンタテインメント

    ■お問い合わせ:DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

    ■備考:3歳以上チケット必要。1公演につき4枚

  • Live K 2017〜Anthology Night〜

    09/29(金)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンホール

    ■開催日時:2017年9月29日(金) 開場:18:00 開演:19:00

    ■会場:ガーデンホール

    ■出演:K

    ■料金:7,300円(税込)
    ※入場時別途ドリンク代必要

    ■席種:全席指定

    ■一般発売:2017年8月26日(土)

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ・キョードー東京
     TEL:0570-550-799

    ■企画:株式会社スターダスト音楽出版

    ■制作:little oasis

    ■お問い合わせ:キョードー東京 TEL:0570-550-799(平日11:00〜18:00 土日祝10:00〜18:00)

    ■備考:
    ※小学生以上有料

  • 【13:30公演】東京パフォーマンスドール
    ダンスサミット 2017 ~Summer Glitter! Vol.2~
    【19:00公演】東京パフォーマンスドール
    ダンスサミット 2017 ~Summer Glitter! Vol.3~

    09/18(月)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンホール

    ■開催日時:2017年9月18日(月)
    【1部】開場:13:00 開演:13:30 【2部】開場:18:30 開演:19:00

    ■会場:ザ・ガーデンホール

    ■出演:東京パフォーマンスドール

    ■料金:4,800円(税込)※入場時別途ドリンク代必要

    ■席種:全席自由

    ■一般発売:2017年8月25日(金)

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999 (Pコード:335-693)

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003(Lコード:70990)

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ■主催:DISK GARAGE

    ■企画/制作:キューブ

    ■後援:エピックレコード・ジャパン

    ■お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)

    ■備考:
    未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
    小学生以上のお子様からチケットが必要になります。

  • デビュー35周年記念
    クミコ・ザ・ベスト・コンサート
    1982-2017

    10/09(月)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンホール

    1982年、シャンソニエの老舗・銀座「銀巴里」でのプロデビューから2017年の今年でビュー35周年を迎えたクミコ。
    稀代の作詞家・松本隆との出逢いからプロデュース作「AURA」で一躍脚光を集め、その後もシャンソン歌手バルバラの名作「わが麗しき恋物語」がシャンソンでは異例の大ヒットとなり話題になり、続いて「届かなかったラヴレター」、第61回NHK紅白歌合戦出演曲「INORI~祈り~」、NHK連続ドラマ『花子とアン』『マッサン』で流れた話題曲「広い河の岸辺~The Water is Wide」、コンサートでは定番の中島みゆきの名曲「世情」、つんく♂作曲&プロデュース×湯川れい子作詞による「うまれてきてくれて ありがとう」、松本隆との最新プロジェクトで秦基博と初共演した「さみしいときは恋歌を歌って」、同じくつんく♂作による「砂時計」など、クミコの35年の活動期間の全時代のヒット曲&人気曲を完全網羅する選曲で構成される“ザ・ベスト・オブ・クミコ・コンサート”が開催決定!
    シャンソンの枠にとどまらず、ジャンルを問わず、あなたのココロの扉をたたくクミコの歌に、そして希望に満ち溢れる歌声で聴く者すべてが涙するクミコの歌に、酔いしれてください!
    ■開催日時:2017年10月9日(月・祝) 開場:16:00 開演:17:00

    ■会場:ザ・ガーデンホール

    ■出演:クミコ

    ■料金:7,800円(税込・1drink付)

    ■席種:全席指定

    ■一般発売:2017年7月16日(日) 10:00~

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999 (Pコード:335-244)

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003(Lコード:74954)

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ■主催:ディスクガレージ / BS朝日 / J-WAVE / ニッポン放送

    ■メディアパートナー:朝日新聞社

    ■特別協賛:サッポロビール

    ■協力:恵比寿ガーデンプレイス / 恵比寿ザ・ガーデンホール

    ■企画制作:ディスクガレージ / BS朝日 / プエルタ デル ソル / オフィスオーガスタ / 日本コロムビア

    ■お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)

    ■備考:未就学児童入場不可

  • ©Bon Ishikawa

    ©Bon Ishikawa

    ©Bon Ishikawa

    ©Bon Ishikawa

    世界でいちばん美しい村

    08/11(金)~09/08(金)
    場所:
    東京都写真美術館

    壮大なヒマラヤの自然を舞台に
    そこで暮らす家族の絆を描いた、叙事誌的巨編

    大地震を乗り越えて、強く生きる。
    家族と人々の絆を感じるあたたかな日常。
    2015年4月、約9,000人の犠牲者を出したネパール大地震。
    写真家 石川梵は震災直後、ジャーナリストとして初めて現地へ入り、ヒマラヤ奥地の震源地・ラプラック村に辿り着いた。
    壊滅した村で石川はひとりの少年と出会った。澄んだ瞳をした、14歳のアシュバドル。彼の村を想う気持ちに石川もまた思いを寄せ、別れ際、二人はふたつの約束をした。ひとつは、また村に戻ってくること。そしてもうひとつは、この孤立した村の惨状を世界に伝えること―。
    貧しくても明るい家族、子どもたちの輝く眼差し、寄り添うように生きる村人たち、そして祈り。
    そこには、忘れていた人間本来の生き方があった。
    上映期間:2017年8月11日(金・祝)~9月8日(金)
    休映日:毎週月曜日
    ※上映時間・料金等の詳細は、東京都写真美術館のホームページをご覧下さい。

  • 映画・美術館の半券を見せてお得に楽しもう!

    場所:
    その他

    映画・美術館の半券をお持ちいただいたお客様に恵比寿ガーデンプレイス施設内でお得なサービスをご提供いたします。

    映画、展覧会の当日有効チケット半券をサービス参加店舗にご提示ください。
    チケット半券をお持ちいただいたお客様に恵比寿ガーデンプレイス施設内でお得なサービスをご提供いたします。

    1枚のチケット半券で複数店舗のサービスが受けられます。(1店舗1回限り)
    鑑賞前でも後でもご利用できます。

    映画・美術館と一緒にグルメもお買い物も、恵比寿ガーデンプレイスをまるごとお楽しみください!

  • 写真家チェ・ゲバラが見た世界

    08/09(水)~08/27(日)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンルーム

    ■開催日時:
    2017年8月9日(水)〜27日(日)11:00〜20:00
    ※最終日 15:00最終入場 16:00閉館 

    ■会場:ザ・ガーデンルーム

    ■料金:
    前売券 800円(高校生以下 無料)
    当日券 一般 1,000円/大学・専門学生 800円/高校生以下 無料

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999 (Pコード:768-516)

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003(Lコード:30057)

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ■主催:InterFM897
     
    ■後援:キューバ大使館

    ■チケットに関するお問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)
    ■お問い合わせ:InterFM897  03-5781-7610

  • Peter Barakan’s LIVE MAGIC!

    10/21(土)~10/22(日)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンホール ガーデンルーム

    今秋10月21日(土)・22日(日)の2日間、恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンホール&ザ・ガーデンルームで開催する『Peter Barakan’s LIVE MAGIC!』に、キューバ人ジャズ・ピアニスト オマール・ソーサが、最新アルバム「Transparent Water」を共作したセネガルのコラ奏者 セクー・ケイタと、ベネズエラ人実力派打楽器奏者 グスターボ・オバージェスとともに出演することが決定しました。さらに、出演アーティスト第2弾発表として、宮古の歌い手 與那城美和とコントラバス奏者 松永誠剛による宮古の唄の源流を辿るデュオ・プロジェクト ミャーク・ソング・ブック、ラジオでオンエアした曲が話題騒然となったトリプルファイヤー、様々なルーツ・ミュージックをゴキゲンに奏でるバンド ザ・フラワーポットメン、注目の女性バンド ビンバンブーンはアクースティックの特別編成での出演が決定しました。最新情報は、LIVE MAGIC!のオフィシャルサイトまたはオフィシャルFacebookやTwitterで随時更新しています。また、現在、オフィシャル先行予約も受け付けています。
    ■開催日時:
    2017年10月21日(土) 開場:12:00 (21:30 終演予定)
    2017年10月22日(日) 開場:12:00 (20:00 終演予定)

    ■会場:ザ・ガーデンホール / ザ・ガーデンルーム 


    ■出演:
    Omar Sosa&Seckou Keita feat.Gustavo Ovalles / Soulive / We Banjo 3
    The Renaissance <小原礼&屋敷豪太> feat 西慎嗣 / Myahk Song Book 與那城美和・松永誠剛 / 濱口祐自 / 民謡クルセイダーズ / トリプルファイヤー / BimBamBoom Acoustic Special Band / The Flowerpot Men

    ■料金:1日券:12,000円 / 2日通し券:21,000円(税込)

    ■席種:オールスタンディング

    ■オフィシャル先行予約
    ※6月30日(金)23:59まで
    【受付WEBサイト】 http://w.pia.jp/t/livemagic/

    ■主催・企画:クリエイティブマンプロダクション / タワーレコード / ぴあ

    ■協賛:ボルボ・カー・ジャパン株式会社 / YEBISU GARDEN PLACE

    ■お問い合わせ:クリエイティブマン 03-3499-6699(平日 12:00-18:00)

    ■備考:小学生以下無料(要保護者同伴)

  • ©IMPOSIBLE FILMS, S.L. /TRUMANFILM A.I.E./BD CINE S.R.L. 2015

    ©IMPOSIBLE FILMS, S.L. /TRUMANFILM A.I.E./BD CINE S.R.L. 2015

    しあわせな人生の選択

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    7/1(土)公開
    スペインのセスク・ゲイが監督が、自らの母親の闘病体験をベースに人生の最終章を迎える男の姿に迫る人間ドラマ。
    死が刻々と近づく中別れの準備を整える男が、彼の大切な人々や愛犬と過ごす最後の4日間を映す。

    7/1(土)公開
    スペインのセスク・ゲイが監督が、自らの母親の闘病体験をベースに人生の最終章を迎える男の姿に迫る人間ドラマ。
    死が刻々と近づく中別れの準備を整える男が、彼の大切な人々や愛犬と過ごす最後の4日間を映す。
    『人生スイッチ』などのリカルド・ダリンと『トーク・トゥ・ハー』などのハビエル・カマラらが共演。スペイン版アカデミー賞といわれる第30回ゴヤ賞で作品賞、監督賞、主演男優賞、助演男優賞、脚本賞の5部門を受賞した。

    カナダに住むトマスは、長年の友人でスペインに住むフリアンの元を訪れる。
    フリアンのいとこのパウラからフリアンが肺がんに侵され、余命わずかであることを聞いたのだった。
    フリアンは既にがんの治療を諦め、死への準備を始めていた。
    トマスからそのことに関して説教されることを嫌がり、彼を追い出そうとするフリアンだったが、トマスはそんなことはおかまいなしに四日間滞在するという。
    そんなトマスの態度にフリアンは渋々了承する。彼は現在離婚し、愛犬トルーマンと一緒に住んでおり、自分の死後、ひとり残されてしまうトルーマンの身を案じ、トマスと二人で新たな飼い主探しに出かけるのだった。
    そして、今はオランダ、アムステルダムの大学に通う息子の誕生日も祝いに行くことに…。

  • 北島敬三《Suga Chitose Oct. 28, 2005》〈PORTRAITS〉より  2005年  発色現像方式印画

    北島敬三《Suga Chitose Oct. 28, 2005》〈PORTRAITS〉より 2005年 発色現像方式印画

    中村ハルコ〈光の音〉より 1993-98年 インクジェット・プリント

    中村ハルコ〈光の音〉より 1993-98年 インクジェット・プリント

    屋代敏博《恵比寿ガーデンプレイス》〈 回転回LIVE!〉より 2008年 発色現像方式印画

    屋代敏博《恵比寿ガーデンプレイス》〈 回転回LIVE!〉より 2008年 発色現像方式印画

    菊地智子 《鏡の前のグイメイ、重慶》〈I and I〉より 2011年 インクジェット・プリント

    菊地智子 《鏡の前のグイメイ、重慶》〈I and I〉より 2011年 インクジェット・プリント

    郡山総一郎〈Apartments in Tokyo〉より 2013-14年 発色現像方式印画

    郡山総一郎〈Apartments in Tokyo〉より 2013-14年 発色現像方式印画

    総合開館20周年記念 TOPコレクション
    コミュニケーションと孤独 平成をスクロールする 夏期

    07/15(土)~09/18(月)
    場所:
    東京都写真美術館

    TOPコレクションは、毎年一つの共通テーマで、三期にわたって東京都写真美術館のコレクションを紹介する展覧会シリーズです。今年のテーマは「平成」です。

    夏期では、メールやインターネットの普及、肖像権侵害や個人情報保護、コミュニケーション障害や孤独死など、おもに平成という現代に起き始めた現象により、他者とのコミュニケーションのはかり方、人やものとの距離の取り方は変化し、複雑化が進んでいます。何かと直接対峙することによってできあがるメディアである写真は、撮影者と被写体の二者間に何らかのコミュニケーション、関わりが必須となります。写真によって作品を制作する作家たちが、こうした状況のなかで、何を撮影し、表現しようとしているのか、そして、作家と被写体、そして鑑賞者との関係性にはどのような変化が起きているのでしょうか。
    東京都写真美術館の34,000点を超えるコレクションの中から、平成年代に制作された作品をご紹介しながら、時代とともに変化してきたコミュニケーションのありかたを考えます。
    開催期間:2017年7月15日(土)~9月18日(月・祝)
    休館日:毎週月曜日(ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌平日休館)
    料金:一般 500(400)円/学生 400(320)円/中高生・65歳以上 250(200)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 400円/学生・中高生 無料/65歳以上 200円 ※各種割引の併用はできません)/当館年間パスポートご提示者無料(同伴の方1名様まで無料)

  • 〈センチメンタルな旅〉より 1971年 東京都写真美術館蔵

    〈センチメンタルな旅〉より 1971年 東京都写真美術館蔵

    〈センチメンタルな旅〉 1971年 より 東京都写真美術館蔵

    〈センチメンタルな旅〉 1971年 より 東京都写真美術館蔵

    《愛のバルコニー》1985年 ゼラチン・シルバー・プリント

    《愛のバルコニー》1985年 ゼラチン・シルバー・プリント

    《食事》1985年 発色現像方式印画

    《食事》1985年 発色現像方式印画

    《遺作 空》2009年 発色現像方式印画

    《遺作 空》2009年 発色現像方式印画

    総合開館20周年記念
    荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-

    07/25(火)~09/24(日)
    場所:
    東京都写真美術館

    東京都写真美術館は、総合開館20周年を記念して「荒木経惟 センチメンタルな 旅 1971– 2017–」展を開催します。 荒木経惟は、1960年代から活動を始め、国の内外で高い評価を得ています。

    本展は、その膨大な作品群から、妻、「陽子」というテーマに焦点をあてた展覧会です。荒木 自らが「陽子によって写真家になった」と語るように、1960年代の出会いから1990年代のそ の死に至るまで、陽子はもっとも重要な被写体であり、死後もなお荒木の写真に多大なる 影響を与え続けてきました。本展では、陽子を被写体とするものや、その存在を色濃く感じさせる多様な作品を通して、荒木が重要視している被写体との関係性を探り、またその写真 の神髄である「私写真」について考察していきます。展覧会タイトルの「センチメンタルな旅 1971– 2017–」とは、1971年に出版された私家版の写真集に始まり、現在へと続いている荒木経惟の私写真、そしてその写真人生そのものを表しています。
    開催期間:2017年7月25日(火)~9月24日(日)
    休館日:毎週月曜日(ただし9月18日(月・祝)は開館し、19日(火)は休館)
    料金:一般 900(720)円/学生 800(640)円/中高生・65歳以上 700(560)円 ※ ( )は20名以上団体、当館の映画鑑賞券ご提示者、各種カード会員割引(ご利用案内をご参照ください)/ 小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害をお持ちの方とその介護者は無料/第3水曜日は65歳以上無料 ただし、7月21日(金)~8月25日(金)の毎金曜日18:00-21:00はサマーナイトミュージアム割引(一般 720円/学生・中高生 無料/65歳以上 560円 ※各種割引の併用はできません)

  • YEBISU GARDEN PLACE Free Wi-Fi(無料)がご利用いただけます。

    場所:
    その他

    YEBISU GARDEN PLACE Free Wi-Fi(無料)がご利用いただけます。

    YEBISU GARDEN PLACE Free Wi-Fi(無料)がご利用いただけます。

    メールアドレスをご登録いただく必要があります。

    利用時間:1回60分
    ※1日3回までご利用いただけます

    <提供エリア>
    ・恵比寿ガーデンプレイス広場
    ・恵比寿ガーデンプレイス グラススクエア
    ・恵比寿ガーデンプレイスタワー 1階・3階・4階
    ・DINING & SKY TOP of YEBISU タワー38階・39階
    ・ザ・ガーデンホール/ザ・ガーデンルーム
    ・YEBISU GARDEN CINEMA

  • © 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.

    © 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.

    © 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.

    © 2015 T&C Film © 2015 FRENETIC FILMS.

    DARK STAR  H・R・ギーガーの世界

    09/09(土)~10/01(日)
    場所:
    東京都写真美術館

    魂の深い闇の中、孤独に輝く星がある―
    「エイリアン」造形の産みの親、孤高のアーティストの生涯に迫るドキュメンタリー
    恐怖と苦痛に満ちた夢と記憶― 世にも美しいクリーチャーたちの秘密
    「私の絵を怖いと思う人は現実を把握していない人だ。」
    H・R・ギーガー

    『エイリアン』(1979年/リドリー・スコット監督)の造形で、1980年のアカデミー視覚効果賞を受賞したスイスの画家・デザイナーのH・R・ギーガー。その作品は世界中のファンを魅了し、数々のアルバム・ジャケットにも使用され、多くのアーティストたちに影響を与えてきた。6歳の時に父親にプレゼントされた頭蓋骨や、博物館でのミイラの恐怖といった創作の源泉、3人の女性のパートナーとの出会い。そしてもちろん『エイリアン』誕生秘話も語られる。「H・R・ギーガー財団」公認、稀有のアーティストのドキュメンタリー。
    上映期間:2017年9月9日(土)~10月1日(日)
    休映日:9月11日(月)、16日(土)、19日(火)、25日(月)
    ※上映時間・料金等の詳細は、東京都写真美術館のホームページをご覧下さい。

  • ~松本 隆 作詞活動47周年記念スペシャル・プロジェクト × 恵比寿ガーデンプレイス23周年記念WEEK~
    サッポロ生ビール黒ラベルPresents
    風街ガーデンであひませう2017

    10/06(金)~10/08(日)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンホール

    2015年8月、東京国際フォーラム ホールAで開催された伝説のコンサート「風街レジェンド」の余韻も束の間、稀代の作詞家・松本 隆をリスペクトする今をときめくアーティスト達が一堂に集結する「風街」最新プロジェクトが遂に始動!!
    豪華ラインナップによるその日限りのスペシャルなステージは勿論、会場内ロビーには『BAR風街』もオープン!!
    更にライブ終演後、松本 隆作品のみで構成されるDJ NIGHT PARTY『CLUB風街』の開催も決定!!
    恵比寿ザ・ガーデンホール全体が「風街」と化す奇蹟の3日間!! 名曲は、時代も、世代も超えて歌い継がれる、、、
    さあ、大人のパーティへようこそ!! 最高の音楽と美味しいお酒に酔いしれてください!!
    ■開催日時:
    2017年10月6日(金) 開場:18:00 開演:19:00
    2017年10月7日(土) 開場:17:00 開演:18:00
    2017年10月8日(日) 開場:17:00 開演:18:00

    ■会場:ザ・ガーデンホール

    ■出演:
    【10月6日(金)】
    上白石萌音 / さかいゆう / 冨田ラボ・冨田恵一 / 中島 愛 / 秦 基博 / 吉澤嘉代子 ほか
    “風街レジェンド”GUEST:南 佳孝

    【10月7日(土)】
    クミコ / 手嶌 葵 / 冨田ラボ・冨田恵一 / 畠山美由紀 / 堀込泰行 ほか
    “風街レジェンド”GUEST:斉藤由貴

    【10月8日(日)】
    安藤裕子 / OKAMOTO’S / 田島貴男 / 中川翔子 / ROLLY ほか
    “風街レジェンド”GUEST:太田裕美

    ■料金:7,800円(税込・1drink付)
    ※コンサート終演後「CLUB風街」開催有  7,800円(税込)に「CLUB風街」の入場料が含まれます。

    ■席種:スタンディング

    ■一般発売:2017年8月19日(土) 10:00~

    ■プレイガイド:
    ・チケットぴあ
     http://t.pia.jp/
     0570-02-9999 (Pコード:337-943)

    ・ローソンチケット
     http://l- tike.com/
     0570-084-003(Lコード:71280)

    ・イープラス
     http://eplus.jp

    ■主催:ディスクガレージ / BS朝日 / J-WAVE

    ■メディアパートナー:朝日新聞社

    ■特別協賛:サッポロビール

    ■協力:恵比寿ガーデンプレイス / 恵比寿ザ・ガーデンホール

    ■企画制作:
    ディスクガレージ / BS朝日 / プエルタ デル ソル / オフィスオーガスタ / 日本コロムビア

    ■お問い合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00-19:00)

    ■備考:
    チケット1人4枚まで
    未就学児童入場不可
    都合により出演者が変更になる場合がございます。予め御了承下さい。

  • 久保田未夢イベント(仮)

    09/03(日)~09/03(日)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンルーム

    ■開催日時:2017年9月3日(日)
    開場:14:15 開演:15:00
    開場:18:15 開演:19:00

    ■会場:ザ・ガーデンルーム

    ■出演:久保田未夢

    ■料金:4,320円(税込) 入場時別途ドリンク代500円

    ■席種:全席指定

    ■主催・企画:avex pictures / DIVEⅡ entertainment

    ■協力:キョードー東京

    ■制作:avex entertainment

    ■お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799(平日 11:00〜18:00 土日祝 10:00〜18:00)

    ■備考:
    終演後のドリンク引換不可
    小学生以上有料。未就学児童は入場不可。

  • Love Letter Project '17

    10/07(土)~10/09(月)
    場所:
    ザ・ガーデンホール/ルーム

    ガーデンルーム

    ■開催日時:
    2017年10月7日(土)
    2017年10月8日(日)
    2017年10月9日(月祝)

    ■会場:ザ・ガーデンルーム

    ■紫舟×チームラボ 新作デジタルアート作品展示 & 紫舟 360度鑑賞できる「書のキュビズム」
    7日(土)・ 8日(日)10:00〜19:00 / 9日(月祝)10:00〜17:00 ◎ 入場無料
    ※ワークショップ開催中はご覧になれない作品もございます

    紫舟×チームラボによって生まれたデジタルアート作品。 この圧倒的空間の作品は、これまで世界中の人々に驚きを与えてきました。今作はシリーズ最新作になります。言葉は空書として立体的に生み出され続け、この場所にいながら、時間も空間も超越した言葉の宇宙が鑑賞者を包み込んでくれます。 類を見ないこの静謐な浮遊感を、ぜひ体感しにいらしてください。
    更に、パリ・ルーブル美術館地下会場やミラノ・トリエンナーレ美術館で展示され高評価を得た、絵と墨蹟彫刻が融合する〈嘴の折れたカラス〉の屏風画シリーズ 4作目となる新作や、書を3次元の立体彫刻として解放させ、360度から文字を鑑賞しその記号性と多面性を改めて問う意欲作「書のキュビズム」など多くの迫力の作品展示が、恵比寿ガーデンプレイスにて皆様を迎えます。

    ■紫舟 ギャラリートーク
    9日(月祝)10:30〜14:10 ◎ 入場無料

     紫舟による作品紹介と制作舞台裏を公開します。アーティストのアイデアの源泉を知れるトークは、毎年立ち見のお客様が続出となるほど好評を得ていますので、この機会をぜひお聴き逃しなく!

    ■紫舟と書のワークショップ
    7日(土)10:30〜12:10(受付10:00〜)/ 8日(日) 10:30〜12:10(受付10:00〜)
    参加費:3,000円 ※事前予約制 定員:各回35名 指導:紫舟
    ※小学生以上どなたでも参加できます。

     書家・紫舟の指導のもと、約20種類の言葉(「あたたかい」「激しい」「切ない」等)に合った書体を自らの手で生み出せる練習をします。その後、それらの中からいちばん想いが伝わる書体で、大きな和紙に手紙を綴ります。心と体が、筆から生まれる文字が繋がります。書の経験がない方も大歓迎、必要なものは「想い」です! どうぞ手ぶらでお越しください。和紙と書の道具はこちらでご用意いたします。 
    ※筆記用具のみご持参ください。

    ワークショップ申込みフォームにてお申込みください。

    ■主催:サッポロ不動産開発株式会社/ Love Letter Project実行委員会

    ■企画監修:紫舟

    ■制作プロデュース:株式会社スタンダードワークス

    ■協力:株式会社呉竹 / 株式会社ヒーローズ / チームラボ株式会社

  • (c)SF Studios Production & Join Motion Pictures Photo Roxana Reiss

    (c)SF Studios Production & Join Motion Pictures Photo Roxana Reiss

    ハートストーン

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    7/15(土)公開
    幼馴染でいつも一緒のソールとクリスティアン。
    思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータに夢中になる。
    一方、クリスティアンは親友への特別な想いに気づき当惑するのだが…。

    7/15(土)公開
    幼馴染でいつも一緒のソールとクリスティアン。
    思春期にさしかかり、ソールは大人びた美少女ベータに夢中になる。
    一方、クリスティアンは親友への特別な想いに気づき当惑するのだが…。

    近年注目を集めているアイスランド映画。
    本作のグズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン監督も、この初長編作品が各国の映画祭で絶賛され既に40もの賞を獲得!
    今もなお世界の映画祭で受賞を重ね続ける若き俊英だ。
    主演の一人ソール役には、青春映画の金字塔『スタンド・バイ・ミー』のリヴァー・フェニックスを彷彿とさせ、本作が俳優デビューとなるバルドル・エイナルソン。
    もう一人の主演クリスティアン役には、金髪長身で憂いある表情が女子の胸をときめかせるブラーイル・ヒンリクソン。美少年ふたりの等身大の自然な演技は、国内外で数々の男優賞にも輝いている。
    10代の頃の友人との実際の想い出をベースに、思春期をむかえた少年少女たちの、危うく儚く繊細な感情を残酷なまでに切り取った、監督自身の自伝的“ラブストーリー”。

  • (c)Nowhere sp. z o.o., KinoŚwiat sp. z o. o., D 35 S. A., Mazowiecki Fundusz Filmowy 2015 all rights reserved

    (c)Nowhere sp. z o.o., KinoŚwiat sp. z o. o., D 35 S. A., Mazowiecki Fundusz Filmowy 2015 all rights reserved

    君はひとりじゃない

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    7/22(土)公開
    病で母を亡くした娘オルガとその父ヤヌシュ。
    突然の母の死に、オルガは心を病んでしまい、父に対しても心を閉ざすようになる。
    一方、父親は検察官という立場もあり“人の死”に何も感じなくなっていた。
    お互いに傷つけ合う父と娘、2人の間の溝は深くなっていくばかり。

    7/22(土)公開
    病で母を亡くした娘オルガとその父ヤヌシュ。
    突然の母の死に、オルガは心を病んでしまい、父に対しても心を閉ざすようになる。
    一方、父親は検察官という立場もあり“人の死”に何も感じなくなっていた。
    お互いに傷つけ合う父と娘、2人の間の溝は深くなっていくばかり。
    娘の体を見かねた父親は娘をセラピストの元へ通わせるが、そこにいたセラピストは普通では考えられない方法でリハビリを行っていた。
    果たして、最愛の人の死によって引き裂かれた二人の絆は戻るのか―。
    父と娘の止まった時間が動き出す“愛と再生”の物語。
    監督はポーランドの俊英女性監督マウゴルザタ・シュモウスカ。
    彼女は本作で第65回ベルリン国際映画祭銀熊賞を受賞したほか、ポーランドのアカデミー賞と言われるイーグル賞で主要4部門を受賞している。

  • (c)Les Amateurs, Vivi Film, Cartoon Saloon

    (c)Les Amateurs, Vivi Film, Cartoon Saloon

    ブレンダンとケルズの秘密

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    7/29(土)公開
    アカデミー賞長編アニメーション賞ノミネート!アイルランドの国宝「ケルズの書」をめぐる冒険物語――

    2016年夏に公開され人気を博した、アイルランドのアニメーション『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』。
    同作に先駆けトム・ムーア監督が、09年に手がけた監督デビュー作であり、第82回アカデミー賞の長編アニメーション賞にもノミネートされた注目作がいよいよ公開となる。
    アイルランドの至宝であり「世界で最も美しい本」と称される「ケルズの書」を完成させようとする少年修道士ブレンダンと、妖精の少女アシュリンの冒険を描く物語。
    1200年前に書かれた聖なる本「ケルズの書」の鮮やかで美しいケルト文様が万華鏡のように動き出すシーンは圧巻。

  • 夫婦でお得に映画を観るなら『夫婦50割引』

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    夫婦でお得に映画が観られる夫婦50割引を実施しております。

    夫婦どちらかの年齢が50歳以上のお客様が、揃って同じ映画をご鑑賞いただく場合、曜日や時間を問わず、2,200円で夫婦2人分のチケットをご購入いただけます。

    YEBISU GARDEN CINEMAでは、インターネットチケット購入UOL、もしくはチケットカウンター、自動券売機にてご購入が可能です。
    *窓口での年齢証明が必要です。

  • © 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

    © 2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.

    マンチェスター・バイ・ザ・シー

    場所:
    恵比寿ガーデンシネマ

    5/13(土)公開
    本年度アカデミー賞®6部門にノミネートされ、主演男優賞と脚本賞の2冠に輝いた話題作。

    5/13(土)公開
    本年度アカデミー賞®6部門にノミネートされ、主演男優賞と脚本賞の2冠に輝いた話題作。

    アメリカ・ボストン郊外で便利屋として働くリーは、突然の兄の死をきっかけに故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーへと戻ってきた。
    兄が遺した16歳の甥の後見人となったリーは、この街で起こった過去の悲劇と向き合っていく。

    俳優マット・デイモンがプロデューサーを務めたことでも話題を集めている本作は、一人の男の絶望と再生を、時折ユーモアを交えながら丁寧に紡ぎ出した珠玉の人間ドラマ。
    主人公リーを演じるケイシー・アフレックは本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞している。